八戸館鼻朝市の本格珈琲。

朝市の珈琲で目覚める日曜日は、
いつもよりチョッと得した気分の一日です。

八戸館鼻朝市の本格珈琲

 八戸は朝市が盛んな街。
 特に日曜朝ともなると市内5~6箇所で、それぞれ特色のある朝市が賑やかに開催されている。今や八戸の名物だ。
 日曜日の朝に数万人が訪れる館鼻岸壁朝市には、珈琲を供する店が多い。しかも旨い本格ドリップ珈琲店が林立し、戦国時代の戦場のように幟をアッチコチにはためかせている。
 周りを眺め回してみると、老若男女が、テーブル席に着いて珈琲を口にしている。その珈琲を飲む姿が、サマになってる。
 昔っからの『みなと町』には、洋酒や珈琲、紅茶などハイカラなものがよく似合う。
 五所川原にスタバが来るのに、なんで八戸には来ないんだ?—などとひがみっぽい愚痴はよそう。八戸人には、朝市で飲む本格珈琲がある!

八戸館鼻朝市の本格珈琲 八戸館鼻朝市の本格珈琲 八戸館鼻朝市の本格珈琲 八戸館鼻朝市の本格珈琲 八戸館鼻朝市の本格珈琲

S.Roasteria エス・ローステリア

一口のあとに流れる豊かな休息を味わう1杯のために

手作りピザとコーヒー ピーマン

喫茶店は、人と時を結ぶ架け橋。

焙煎工房 珈琲の香(かふぇのか)

珈琲は、暮らしのスイッチ。