行列のできる「しおてば」〜大安食堂

館鼻岸壁朝市の〈大安食堂〉、ではピンと来なくても、毎週行列のできる「しおてば」の店というと分かると思います。ボリュームと安さ、それにオリジナルの味付けがおいしい!と3拍子そろっていて、毎週ほとんど完売なのです。

朝市名物”しおてば”

大安食堂_荒澤さん

館鼻岸壁朝市の〈大安食堂〉、ではピンと来なくても、毎週行列のできる「しおてば」の店というと分かると思います。
 ニワトリのキャラクター「こけここ」と、毎週できる行列が目印です。
 塩味の鶏手羽肉の唐揚げ「しおてば」をはじめ、もも肉の唐揚げ「しおももた」、メンチカツ、コロッケ、ゆでたまごの上に雪山のように塩がかかっている「塩たまご」など、揚げものを中心としたメニュー。
 ボリュームと安さ、それにオリジナルの味付けがおいしい!と3拍子そろっていて、毎週ほとんど完売。「しおてば」は5時半、そのほかのメニューもだいたい6時半には売り切れ状態なのです。

大安食堂_外観 大安食堂_店内

レゲエバーから大安食堂へ

今ではすっかり朝市名物になっている大安食堂の店主・荒澤忠明さん、しかし6年前までは八戸市中心街でレゲエ・バーを経営していました。サーフィンはプロを目指していたほどの腕前、スノーボードは流行前から熱中していたという、意外な顔がありました。
 仲間に囲まれ、お店も順調でしたが、お店のパートナーでもある弘美さんと結婚し、子どもができたことが転機となります。

夜型から昼型へ生活を変えようと決意し、好きなラーメンをメインにした「大安食堂」を開くことにしました。
 ダシ用の鶏ガラを取るため、丸々一羽を毎日さばいているうち「鶏の扱いがうまくなっちゃって。すごいな、オレって(笑)」と、次第に他の鶏肉メニューにも腕をふるいはじめます。
 塩味のから揚げが大好評となり、ラーメン店から『カリカリおいしいチキンのお店』として定着しました。
 さらにオリジナルのから揚用の調味料も開発し、「しおてば」は納得のいく味になるまで3年かけたそうです。

大安食堂_荒澤さん 大安食堂_しおてば

お客さんのために、Go! Go! チキン

大安食堂が朝市に出店したのは2009年春から。
 当初は「本当に人が来なくて、ヒマだから飾りつけばっかりしてました(笑)。
 何で隣のおばあさんの店に負けるんだろうって、オレ、思ってました」と、荒澤さんは苦笑いします。
 朝市に出店して1、2年は「あ、今日の揚がり具合いいなとか、そんな感じで、ほとんど自己満足の世界(笑)」。

2011年3月、大安食堂が館鼻岸壁朝市に出店して3度目の春に、東日本大震災が発生します。
 それから数日間、荒澤さんは放心状態だったといいます。
「停電が復旧してすぐにお店開けても、だ~れも来ない。お店と家族置いて、ボランティアにも行けないし」
   無力感を感じながらも臨時朝市にも出店し、そして7月、館鼻岸壁朝市がようやく再開しました。
 待ちに待っていたお客さんたちが、どっと押し寄せ、多くの人が「しおてば」を求めて行列をつくるようになりました。
 自分のためにやっていたところがあったと言う荒澤さんは、この時に、あらためて、来てくれる人のためにがんばろうと、決めたのです。

最初はダッチオーブン1台だけで始めた朝市店は、今は専用フライヤー4台。今年になって、出張用に小型ワンボックス〈ゴー! ゴー! チキン号〉も始動させました。
 「人気の理由? 安いだけじゃない?」なんて本人は謙遜しますが、小さな工夫を重ねて、ますますファンを増やしています。
 食べられるといいね、大安食堂の唐揚げ。あなたの幸運と、早起きを祈ります

大安食堂しおてば