めざせ! 紅白〜SAILING 新たな航海。(後編)

セーリング
一時は、八戸に住んでいたとか?
ゴウ
ゴウ

道の駅とかに泊まったし、部屋も借りて。半年くらいいましたから。震災前からですね。震災後は、付属みたいなもの。あんなによくしてくれた人の家がなくなった。自腹でもなんでも、八戸に直接義援金持ってくるしかないと思いました。

ナオ

震災復興で作った歌なんですかって言われますけど、違うんですよね。

『きみまち』は出町さんが八戸PRソングとして企画を?
出町

中心街が衰退していく、なんとかしなきゃってときに、まちの役割を考えた。まちって、ものを売るだけじゃない。情報発信の役目もあって、そのうちの一つに歌もあってもいいでしょって思ったの。なんでセーリングに頼んだのかってよく聞かれるんですよ。まず、(ここに)来たじゃん?

来たじゃん、と(笑)。
出町

で、自力でツアーして歩くじゃん。だから三栄会がプロモーションしなくても八戸の宣伝になる。

タカシ

歩く広告塔みたいな。

関西と八戸はあまりなじみがない気がしますね。
いかすみコーヒー
ナオ

でも合うと思いますよ。スピード感があるとこが一緒。意外と似てる。

ゴウ

僕が『きみまち』歌ってすっごい楽やったのが、八戸出身のメンバー誰もいないんですよ。ほんまに縁もゆかりもない僕らによくしてくれた八戸に、ふるさとの歌をうたって恩返しする。シンプルにいけたんで。

日本初、商店街組合の音楽レーベル「三日町三栄会」

音楽産業のありかたって今、劇的に変わってるでしょう?
ナオ ゴウ

若い子はCD買わないんですよ。だからある程度年配の方をターゲットに、後から若い子を取り込もうと。流通もプロモーションも、今までのやり方が通じなくなって、僕らは新しいやり方をつくっていくんだと思いました。おかしいんですけど、今は、何やってもね。ハードロックやっても年配の方にウケる。これはなに?と思った。

知名度や力がついてきたから。
ゴウ

最近は若いファンも増えてきて「知ってる〜!」とか言われて、ドキドキしますね(笑)。今まで「これでおいしいもの食べ」っておばちゃんが千円くれたりしてたのが。

新しいといえば、三日町三栄会は、日本で初めて商店街組合が作ったレーベルですよね。
リョウタ 出町

今年3月、正式に音楽出版社になりました。

ゴウ

三栄会は、古い体制とかしがらみのない、日本でもっとも新しくてクリーンなレーベルかも。その代わり、自力がある程度あるアーティストじゃないと入れないかもしれませんが。

セーリングはもともと、ロックバンド?
ゴウ

なんでしょう。今は〝歌謡ロックバンド〟ですからね。もともと美空ひばりさんの歌とか歌うの、すごい嫌だったんですよ。嫌いなことやるのがプロだと思ってたから、平気でしたけど。

はじめに朝市で見たときに歌謡バンドだと思ってて、別の場所で聞いたら思い切りロックで、なんだ!と。
タカシ ゴウ

最初に大阪でホテルの営業に行ったとき、演歌歌えなきゃ歌手じゃない、みたいなことを言われたんですよ。で、やったら、これがやたらウケて。

ナオ

初めはおちゃらけの部類でしたが(笑)。

ゴウ

やってたら、僕らのオリジナルのCDの売り上げもすごくよくなってきた。1万枚くらい売れて、機材もいろいろ買えたんです。演歌のCDも出そうとか、そこで固まってきてレパートリーになった。お客さんが喜んでくれると、その曲を好きになります。最近『川の流れのように』好きですもん。

以前は?
ゴウ

5歳くらいのとき、美空ひばりさんの『越後獅子の唄』を親父に殴られながら練習したんです。俳優やってたんで必要だってことで歌わされて。〽笛にうかれて〜、ボカ!って、フレーズごとにドツかれて、もう、大っ嫌いだったんです。

そもそも歌は好きでした?
ゴウ

嫌いでしたよ〜。親父が出てくると。

そうは言っても、「みだれ髪」は、すごくいいですよね。
ゴウ

美空ひばりさんの歌の中で、有名で一番難しいのは何?言うたら、「みだれ髪」と聞いたので。なら、それをやろうと。でも、一流のプロが作ってるだけあって曲の完成度が高いんで、実は歌いやすい。さすがです。

目標は紅白出場、夢もつ若者が集まるレーベルに

失礼ながら、歌謡ロックバンドっていうと、昔のいわゆるドサ回りをイメージしちゃう。でもセーリングは違いますよね。ロックです!
テツ 出町

みんな最初はそう言うの。キャバレーを回って…みたいな。まず違和感があるのが、衣装。けど見た目と中身にギャップがある。礼儀も挨拶もきちんとしてるし、実力もある。きちんとお客さんをノセてくれる。 ゴウ ありがたいですよ。いろんなとこでワガママしてるんですけど、こうやって、出会いと人には恵まれてます。でね、思うのが、裏表なくいこうってこと。バレるウソついてとりつくろったって、しょうがない。そう思ってやってると、同じ考えの人がついてきてくれます。それで僕ら、ここまで来れましたし。初対面でケンカした人も、今は応援してくれてる。

今後の目標は?
ゴウ

みな実焼き もっと全国区になるのが、まずは目標。『きみまち』で紅白も出たいです。『きみまち』でここまで来て、カラオケにも入ったんで。皆さんどんどん歌って、NHKに投書してください!  世の中って汚い反面、本気でやったら動くんですよ。だから皆さんが動いてくれると、社会が動くと思います。
次は三栄会のレーベルをもっと大きくして、関係してるまちを活性化したい。ミュージシャンとしても、レコード会社としても、ビジネス的にもいいものを作って、できれば商品の流通もつないで。三日町三栄会レーベルに、全国から夢持った若者が集まってくるような…。そんな風になりたいですね。
そこにはウソがないっていう場所にしたい。実力がないのはダメだけど、力があればちゃんと世の中に出てこられるような。あとは…テレビ局欲しいですね。中央ビル空いてるし(笑)。ねぇ、プロデューサー?

パワフルなステージを見せる大阪生まれ八戸育ちのセーリング。八戸から全国に向け、今、新たな航海です。

八戸マガジン『ユキパル』09 めざせ! 紅白〜SAILING 新たな航海。(前編) ライブ写真
★『夏!!海フェスタ’12漁師うまいもん みなと博ランカイ』
(館鼻岸壁=2012年8月5日)
★第16回橋本佳代シャンソン講座発表会 「巴里の風にのせて」
(八戸市公会堂=同9月9日)