朝市は冬眠中…

年末の大にぎわいの館鼻岸壁朝市から、お正月を迎えた最初の日曜日。
 朝市参りが習慣の人は、何となく生活リズムが狂っているような気になっているのではないでしょうか?
 出店者の方は、ほっと休養する充電期間という感じですね、きっと。
 春3月17日の再開日まで、しばし館鼻岸壁朝市は冬眠中です。

イサバのカッチャ この期間には、八戸で一番古い朝市の陸奥湊駅前朝市や一番新しい江陽朝市に足を運ぶことをおすすめします。
 陸奥湊駅前向かいの「八戸市営魚菜小売市場」を中心に、陸奥湊駅北口の通りに多くの店が並びます。
 駅前では、「いさばのカッチャ」(=魚を商うお母さん)の愛嬌ある石像が出迎えてくれますが、何よりカッチャの本物に会える朝市なのです。
陸奥湊駅前朝市は平日開催なので、日曜日はお休みですが、館鼻岸壁朝市とは別の趣があります。
 自分でお刺身などのおかずを買ってきて、ごはん・味噌汁を注文する朝市食堂などは大人気です。
 テレビ番組の収録も数多く行われてきましたので、多くの芸能人・タレントの色紙が壁に貼ってます。
 車の場合は有料駐車場を利用しなくてはなりませんが、館鼻岸壁に駐めて少し散歩するという健康的な方法もあります。 魚菜市場 冬期間も開催しているもう一つは「江陽朝市」。
 八戸市の江陽地区のパチンコ屋さん「ライジング江陽」の駐車場を会場に、毎週土曜日の朝に開催されています。
 赤いテントのコーヒー屋さんなど、館鼻岸壁朝市に出ているというお店も多いんです。
 まだまだ、しばれる(寒い)日が続く八戸ですが、ここはきりっと早起きして出かけてみては、いかがすか?

館鼻岸壁朝市の四季をスライドで紹介しています。いがったら見でけれぇ。