主食でもあり、スイーツでもある昔ながらの一品
あずきばっと 【八戸・二戸】
あずきばっと

うどんと小豆の南部ならではのお汁粉

青森県南部地方、岩手県で昔からよく食べられていたあずきばっとは、お汁粉の団子の代わりにうどんが入っているちょっと変わったコナモンです。岩手県の一部では結婚の祝儀の際、近隣の住民に振舞われ、お客さんが嫌というくらいまで振舞うのがごちそうとされていたと言います。

『はっと』とは、そばや小麦を麺状に伸ばしたものの事をいいます。その由来は『ほうとう』が訛ったものという説や、美味しすぎるからおかわり禁止、美味しくて売れるので農民が小麦ばかり作りたがるから禁止、切りそばを食べることを贅沢として禁止、といった具合に『法度=禁止』からきたという説もあります。

小豆の甘さとうどんの塩辛さが気持ちよく絡み合い、喉越しも良くお腹に負担をかけずに食べられます。それゆえ主食から食後のスイーツ、間食として多くの家庭で親しまれてきました。また面白い食べ方として、温かいまま食べるのはもちろんですが、岩手の家庭では冷やしたあずきばっとも食べられるそうです。このときあずきばっとが冷えて固まっているため、箸でちぎって食べます。

実はあずき+うどん(麺)の組み合わせは他県にもあります。埼玉県秩父地方には短めに切ったうどんとあずきを合わせた「ねじ」が、愛知県にはそのまま長いうどんを合わせた「じょじょ切り」があります。「あずきばっと」は平打ちの麺なので各地で多少違いはありますが、同じような料理があるというのは不思議ですね。どこかが起源で広まっていったのか、それとも同じようなことを考える人が居たのか――疑問は尽きません。

<参考サイト>
ネジを食べる ―@nifty:デイリーポータルZ
象印いい味、旅気分/じょじょ切り(愛知県)

【食べられるお店】

めん処 はっと庵ラピア店

青森県八戸市江陽2-14-1 0178-46-0387
10:00~21:00(LO:20:30) 無休
北のコナモンリスト(五十音順)

  • あずきばっと
  • いでゆ餅
  • 沖揚げせんべい
  • おこわせんべい
  • かっけ
  • 合掌土偶マドレーヌ
  • 川蟹すいとん
  • 雁月
  • きゃばもち
  • きんかもち
  • 串もち
  • 鯨餅
  • 栗豊穣
  • けいらん
  • 駒饅頭
  • 三戸せんべい
  • しだみだんご
  • せなかあて
  • チーズピッコロ
  • 鶴子まんじゅう
  • 鉄板ピザせんべい
  • なべこ団子
  • 生南部サブレ
  • 南郷そば
  • 日光パン
  • 野田塩らーめん
  • 階上早生そば
  • 八戸ジャジャメン
  • 八戸せんべい汁
  • 八戸のいか
  • ひっつみ
  • ぶすのこぶ
  • ほど焼き
  • 真砂金饅頭
  • 豆しとぎ
  • まめぶ汁
  • ゆべし
  • RED CHILIのタコス

  • ※検索でこられた方はこちら
    TOPへ戻る